2017年1月号

【巻頭技術特集】201611181417_1-200x0.jpg

苦手意識がある人でも返すだけのプレーから脱却できる
バックハンドで攻めてみよう!

[PART①]
身体のバランスと動き方を意識して
速いボールが打てるようになろう
[PART②]
バックでも回転を加えよう
普通のスピンに力強さと跳ねをプラス
[PART③]
ダウンザラインやアングルも可能
コースを狙え!
[PART④]
トッププロが実戦で使う
“決めバッグ”を盗め!

フォアハンドではガンガン攻められるのに、バックハンドではディフェンシブになってしまう人は多い。今回の特集では、バックで速いボールやトップスピン、 自在にコースを打ち分ける方法を紹介する。また、ジャックナイフやドロップショットといったプロが使う技も細かく解説。苦手意識も克服しながら、攻撃的なバックハンドを手に入れよう。


【中とじ特別企画】201611181417_2-200x0.jpg

動きが変わればテニスが変わる!
フットワークの基本

テニスは「足ニス」と言われるくらい、コート上での動きは重要なもの。しかし、実際コートで効率良く動けている一般プレーヤーは意外と少ない。そこで今回は、フットワークについて細かく解説。足の運びや、ステップワークをわかりやすく説明し、ボールを今より上手に打ち、動きを今より良くする方法を伝授する。

 


【Special Story/NOVAK DJOKOVIC】201611181417_3-200x0.jpg

ノバク・ジョコビッチ ストーリー
生涯GS達成、帝王への軌跡

2016年シーズンのビッグニュースと言えば、ジョコビッチの生涯グランドスラム達成だ。だが、そこに辿り着くには、空爆という挫折しても不思議でない子ども時代や原因不明の身体の不調を乗り越えなければならなかった。



 


【INTERVIEW】

ダビド・ゴファン インタビュー
トップ10への扉

自己最高ランキングを11位に上げ、楽天オープンでは準優勝という結果を出したゴファン。14年の手首の故障からどのように上昇してきたのか。楽天オープンの会場で、穏やかに話してくれた。


【WTA PLAYER'S INTERVIEW】

女子テニス界を盛り上げるヒロインたち

セレナの1位陥落など、時代が変化し始めた女子テニス。ここでは現在のWTAツアーを盛り上げる3選手へのインタビューや、今後の活躍が期待される若手選手を紹介する。


【WTA】

WTAファイナル・レポート
シンデレラの微笑

女子のトップ選手が集うシーズン最後のビッグイベント。栄冠を手にしたのはファイナル初出場のチブルコワだった。


【三菱 全日本選手権91st】

18歳、衝撃の戴冠

まさに衝撃だった。18歳、ジュニアの日本№1である綿貫陽介が、全日本選手権をも制してしまった。10代の天皇杯獲得はわずかに史上2人目。歴史的快挙はどのように生まれたのか、リポートしよう。


【平成28年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合】

連覇を支えた経験値

早稲田の連覇が途切れるか?――そんな緊迫した空気さえ流れた今年の大学王座だった。関大、明治、筑波が猛追。しかし瀬戸際で一段上の力を発揮したのは、やはり王者・早稲田だった。その差はどこにあったのか。


【大阪市長杯2016世界スーパージュニアテニス】

日本勢が活躍!
世界トップジュニアたちの激闘

毎年世界のトップジュニアたちが大阪に集結する世界スーパージュニア。グランドスラムJrと同じグレードAのこの大会で、綿貫陽介や昨年覇者の本玉真唯ら日本勢が3種目で決勝に勝ち残った。彼らの戦いの軌跡をお伝えする。


【短期集中連載①】

硬式テニス競技の日本中体連加盟問題を考える
なぜ、中学校に硬式テニス部が少ないか

錦織圭の活躍に刺激を受けた中学生が「テニスを始めたい」と思っても、硬式テニス部のある中学校数は非常に少ない。オリンピックの公式競技にも認められているテニスが、なぜ中学校のクラブでは見かけないのか。そんな素朴な疑問を解明すべく、中学校テニスの置かれた現状について、今号より数回にわたりレポートする。


【新連載】

草トーでよく効く配球パターンを紹介!
2本で決めるシンプルダブルス

草トーでは、力任せに強打してもなかなか勝ち進めない。それよりも、2本のショットをうまく組み合わせれば、相手を崩してポイントを奪える。この新連載では、中級者ぐらいでも簡単にできるシンプルなパターンを紹介していく。


【新連載】

可能性が広がる、おいしい進路
米国大学でテニス!

ジュニア時期に時間とお金をかけてテニスに打ち込んだ。でも、プロになれるのは一握り。さて、この先どうする? 尾崎氏が最も有効だと勧めるのは、テニスでアメリカの大学に入ることだった!


【新連載】

平沢潤の
Tour Research

今回から新たに、テニス界の内情に詳しい平沢氏にツアーが取り組んでいるシステムや課題について教えてもらう。第1回は、日々深刻化する不法ギャンブルについて。選手や審判からも違反者が出る中、クリアな大会を目指すテニス界はどう対応しているのだろうか。


若手応援企画

GOLD RUSH2+
~守谷総一郎が教える! 相手がバックのスライスを打ってきた時の対応 

スマッシュが期待する若手プロ5人をみんなで応援してサポートしましょう。年に1度メンバー全員が集合するイベントも開催しますので、お楽しみに! メンバーには毎月交代で状況に応じた打つべきショットを解説をしてもらいます。今回は守谷総一郎プロに相手がバックのスライスを打ってきた時の対応を教えてもらいました。

―Member―
201609270017_1-127x0.jpg201609270017_2-120x0.jpg201609270017_3-120x0.jpg201609270017_4-125x0.jpg201609270017_5-120x0.jpg
   優しいリーダー   我が道を行く   器用なテクニシャン 
ガムシャラボーイ  綿貫家の最終兵器
  綿貫裕介      斉藤貴史     守谷総一郎    大西賢     綿貫陽介


【技術連載】

■米ちゃんのテニスはカンタン!
■Baby Stepsエーちゃんの勝利のメンタルをマネしよう
■中・高校生応援企画「頑張れ! 部活テニス」
■鈴木貴男の上達コラム DAI,FORZA!! nuovo

■ダニエル太郎の育て方
■ダブルス即効クリニック


【ギア連載】

■テニスギア何でも相談所
■Racket Feeling Impression 秋のニューモデル特集③

■Smash HOT INFORMATION


【その他の連載】

■JAPAN TOPICS
■RESULT/DOMESTIC & OVERSEAS
■RANKING 男女世界&国内ランキング
■WORLD WATCH
■テニス人の物語/熊谷一彌⑤
■LOVE ALL 読者のページ
■大学テニスサークル通信
■ジュニア&ベテラン大会結果報告
■ジュニアワールド/米沢徹氏の指導法
■次号予告

■バラエティスタジアム
■全国草トーナメント情報
■WORLD TOPICS 
■今月の錦織圭「Monthly K」
■F・ダバディの明日のためのテニス