バックナンバー

DUNK SHOOT 2012年1月号

2012年1月号
定価823円(税込)/A4変

NBAライジングスター大全
現代NBAの中心を担うのはコビー・ブライアントらベテラン、もしくはレブロン・ジェームズら中堅選手たちというのが一般的な見方だが、ケビン・デュラントやデリック・ローズといったライジングスターたちがその勢力を急拡大している。今月号では、次代を担う“成長株”の魅力に迫る! さらに、ロックアウト最新事情、1オン1大研究、NBA選手の国内&海外オフレポート、アレン・アイバーソンのインタビューのほか、アディダス2012年カレンダー&を特大両面ポスターの2大付録を収録!!


[付録1] アディダス 2012年カレンダー
[付録2] オリジナル両面ポスター

2011年11月25日発売

[付録1]アディダス 2012年カレンダー

[付録2]両面ビッグポスター(スーパースターズ/ライジングスターズ)

RISING STARS
NBAライジングスター大全
次世代を担うのは俺たちだ!!

一般に現代NBAの中心とされるのはコビー・ブライアントらベテラン、もしくはレブロン・ジェームズら中堅選手たちだ。しかし今、ケビン・デュラントやデリック・ローズといったライジングスターたちが、その勢力を急拡大している。次代を担う“成長株”――彼らの魅力とは?

KD&ローズ世代がもたらす新たな熱狂

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

ポイントガード編…デリック・ローズ/レイジョン・ロンド/ラッセル・ウエストブルックほか
スモールフォワード編…ケビン・デュラント/マイケル・ビーズリー/ルディ・ゲイほか
パワーフォワード編…ブレイク・グリフィン/ケビン・ラブ/ラマーカス・オルドリッジほか
シューティングガード編…タイリーク・エバンス/エリック・ゴードン/OJ・メイヨほか
センター編…マーク・ガソル/ジョアキム・ノア/デマーカス・カズンズほか
ライジングスター勢力マップ
ライジングスター相関図

LET US PLAY!!
エキシビションマッチレポート

選手たちは本来トレーニングキャンプ、プレシーズンを経てシーズンに臨むが、今年はロックアウトの影響により、練習や実戦の場が制限されている。そんななか、選手たちはプレーの場を求めて全米各地でエキシビションマッチを開催。コンディション調整の枠を超え、“真剣勝負”が繰り広げられた各ゲームをレポートする。

10/23  USフリート・トラッキング・バスケットボール@オクラホマシティ
11/7   プロプレーヤー・チャリティ・クラシック@ソルトレイクシティ
11/6   リップシティ・バスケットボールクラシック@ポートランド
10/25-27 フープス・フォー・トゥループス USOツアー@ハワイ
11/7-11 アンダーアーマー・エキシビションツアー
11/13  D12ファウンデーション・オールスター・セレブリティゲーム
主催者が語るエキシビションマッチ裏事情

 

[ロックアウト最新事情]
来季消滅の危機

シーズン開幕2週間の公式戦中止決定後も、選手会とオーナー側は新協定締結に向け交渉を行なってきたが、両者はバスケットボール関連収入(BRI)の取り分を巡って対立。交渉は暗礁に乗り上げ、11月15日には12月15日までの公式戦全試合の中止が正式に発表された。いよいよシーズン中止の可能性も現実味を帯びてきたロックアウト問題の最新情報をレポートする。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

[アレン・アイバーソン特別インタビュー]
ALLEN IVERSON
俺の生き様

アイバーソンが再び表舞台に帰ってくるかもしれない。昨季はトルコにプレーの場を求めるも、故障により志半ばで戦線離脱。不完全燃焼のまま2010-11シーズンは幕を閉じた。現状、来シーズンのプレーの場は不透明なままだが、“ジ・アンサー”はNBA復帰に向けて静かに闘志を燃やしている。

 

インタビュー/マーク・J・スピアーズ、翻訳/小田智史(ダンクシュート)
INTERVIEW by MARC J. SPEARS/YAHOO SPORTS, & TRANSLATION by TOMOFUMI ODA/DUNK SHOOT

2011-12シーズン
NBA全30チーム「目指すべきスタイル」完全ガイド

ロックアウトのおかげで移籍市場は凍結状態だが、開幕が決まればすぐに各チームの態勢整備がスタートする。そこで今しっかりと把握しておきたいのが、各チームが来季のスタイルをどのように構築すべきかという点だ。ディビジョンごとの来季展望を踏まえて、全30チームの「目指すべきスタイル」を徹底レポートする。

アトランティック・ディビジョン展望/セルティックスの牙城を崩すのは?
セントラル・ディビジョン展望/1強ブルズを他チームが追う展開
サウスイースト・ディビジョン展望/主役はヒート。2番手はホークスか
サウスウエスト・ディビジョン展望/マブズとスパーズの2強が中心
ノースウエスト・ディビジョン展望/サンダーが他のチームを突き放す
パシフィック・ディビジョン展望/昨季よりは地区のレベルが上昇か
[2011移籍市場]気になるウワサ

文/杉浦大介、中島はるの、吉藤宗弘、出野哲也、三尾圭
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HARUNO NAKASHIMA, MUNEHIRO YOSHIFUJI, IDENO TETSUYA, KIYOSHI MIO

OVERSEAS PLAYER SPECIAL STORY
DERON WILLIAMS
デロン・ウィリアムズ(ベシクタシュ/ネッツ)――海外挑戦の真意

ロックアウト突入以降、すでに60人以上のNBA選手が海外リーグでプレーしているが、その先陣を切った“パイオニア”がデロン・ウィリアムズだった。NBAの現役トップスターの1人でありながら、誰よりも早く海外へと渡った真意とは? そしてデロンはどのような来シーズンの青写真を描いているのだろうか? ネッツ番記者にして、欧州でも取材を敢行した“デロン通”がその真意を読み解く。

文/ジェイク・アップルマン、協力&翻訳/杉浦大介
TEXT by JAKE APPLEMAN, COOPERATION & TRANSLATION by DAISUKE SUGIURA

RIVAL BATTLE Vol.7 ライバル同士を徹底比較
DIRK NOWITZKI vs PAU GASOL
ダーク・ノウィツキー vs ポウ・ガソル 最強外国人PF対決

かたやドイツ出身の大型スコアラー、かたやスペイン出身の熱きインサイドプレーヤー。同じパワーフォワードというポジションでプレーするノウィツキーとガソルは、ヨーロッパ出身という共通項はあるものの、そのプレースタイルは大きく異なる。NBAを代表する最強外国人PFを徹底比較する。

文&協力/三尾圭、分析/スコット・ウィッスル
TEXT & COOPERATION by KIYOSHI MIO, ANALYSIS by SCOTT WISSEL

DSスーパーテクニックラボ Vol.4
1オン1大研究

今回はプレーヤーのテクニックとプライドが正面からぶつかり合う「1オン1」について研究する。勝負を決するような重要な局面では、“1オン1を制する者が試合を制する”と言っても過言ではなく、両チームのエース同士による緊張感に満ちた一騎打ちは、観る者すべての興奮を誘う。“究極の個人戦”の魅力を、あますことなくお伝えする!

現役屈指の1オン1マスターたち
1オン1・マエストロ【OB編】
NBA1オン1トーナメント グランドチャンピオン決定戦
1オン1ゼミナール

文/杉浦大介、解説/中原雄(専修大学男子バスケットボール部ヘッドコーチ)
TEXT by DAISUKE SUGIURA, ANALYSIS by TAKESHI NAKAHARA

NBA STAR BIOGRAPHY
DEREK FISHER
デレック・フィッシャー(ロサンゼルス・レイカーズ)――勤勉実直なリーダー

 

今オフ、最も注目を集めたNBA選手はフィッシャーにほかならないだろう。新労使協定制定のために、選手会長として日々奔走しているからだ。リーダーシップあふれるそんな彼を多くの選手が慕い、一目も二目も置く。シーズン開幕のカギを握るこの男の、バスケ人生を振り返る。

文/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS/YAHOO SPORTS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

NBA Legends’ Gallery
NBAレジェンド列伝

第46回 クリス
・ウェバー/永遠の“未完の大器”

オールスターに5度選出され、オールNBA1stチームにも選ばれた。キャリア平均得点も20.7と大台を超えている。だが、クリス・ウェバーに備わったポテンシャルを考えれば、それでもなお物足りない。その万能なプレーは新時代のビッグマンにふさわしいもので、史上最高のPFになることも可能だったはずだ。しかし精神的な甘さから、ウェバーは無限の才能を完全に開花させることはできなかった。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO

GOING OVERSEAS 世界に飛んだ男たち

NCAAスターファイル オースティン・リバース(デューク大)

AND1/ネオンカラーの『タイチ・ロー』が発売!

2011フリーエージェントリスト

DS PRESENT @JANUARY ローズ&ブルズ大特集

REGULARS連載

★NBA MU-IMIDAS いっそ1年契約にして実力至上主義のリーグに
★B-STYLE 最新 バスケットボールグッズ情報
★SHOE MANIA 最新シューズ情報
★DUNKIN’ TOPICS NBAをメインにホットな話題を直輸入
★NBA稀少者大図鑑
第9回/ライアン・ゴームズ(クリッパーズ)
★SCOOP SHOT 選手が金銭トラブルに巻き込まれる理由
★FRONT LINE 情報最前線
★6th MAN CLUB 読者のページ